文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
8月6日(水)ブログ再開(か?)
すっかりかりかりご無沙汰してしまった。
ブログ。2年近くも離れちゃったわね。
この間、いろいろ、いろいろあったよねーーー。
すべて省略。
 
というわけで、再開してみようかな。
 
昨年3月から、1人暮らしをしております。何度目の1人暮らし?3度目かな? 
以前とは色々違っています。
毎日お弁当を作り、パンを焼き、手作り度がぐんと上がっていること、
借りている部屋が集合住宅ではなくて一戸建ての賃貸用の部屋で、広くて窓が多くて風通しが良くて快適なこと、
下町なので野菜は八百屋、肉は肉屋、という買い物ができて、これがとても暮らしやすいこと、
友だちは皆結婚し、わたしは会社を辞めて孤独になり、一人度が高まったこと、
新聞を購読していること、
――などなど。
 
最近は、集団的自衛権の行使、原発のこと…日本の向かう先がとても気になります。
 
今日は広島の原爆投下から69年目の日。朝、仕事に行く前に毎年恒例の式の様子を見た。
今日の広島は雨だったようだ。
被爆者の方が高齢となり亡くなる方も増え、どう語り継ぐのかが課題となっていると伝えていた。その通りだと思う。
 
実際に経験したことと、経験した人から話を聞くのは全然違う。
この段階ですでに隔たりがあるのに、経験した人がいなくなって事実だけを「学ぶ」ことになれば、さらに距離ができてしまう。
語り継ぐのが難しいのも当然だ。
 
子どものときは知らなかったけれど、国を動かす人たちは、国民のことを守ると言いながら、国自体を存続させるためには一定数の国民の犠牲はやむなし、と考えているようだ。
沖縄戦も、水俣病も、福島の原発事故も、そう。
 
今日、広島の平和式典で子ども代表が「平和のことを学ぶことで仲間とつながった。これからも考え続けていく」というようなことを述べていた。
そういう気持ちを持っていても、平和な世の中を作ることは本当に難しい。
中年期に突入した自分にはそういうことがわかってきてしまった。いや、こういうことを考えるようになったのは福島の原発事故が大きかったかな。あれがなければ今も気づいていなかったかも。
 
ああ、ちょこっと深刻になっちゃったけど、
また、こんなふうに日々のあれこれを書き留めていこうかなと思います。
| 日記 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0)
11月5日(月)風邪は治り、秋は深まる

1週間前にひいた風邪は悪化することなく、ぐいっぐいっとよくなっていった。
いわゆる鼻風邪レベルですみました。
ありがたいことでした。

月曜の夜に1回、火曜日は毎食食前に3回葛根湯を飲み、
木曜日は家にあった感冒薬を飲み、
水分は多めにとり、生姜を食べることを心がけ、いつもより少し早めに就寝。
首にはマフラー。

そんななか、秋はぐんぐん深まる。
この週は「神保町古本祭り」が開催されていて、毎日会社帰りにのぞいていた。
ちょうちんに灯りがともり、いつもはしんとした古本屋街に活気が生まれる。

沿道の平台に並べられた古本を、たくさんの人たちが物色している。
きんと冷えた夜、コートの襟を立てて宝探しをする楽しさよ。

わたしはこんな収穫がありました。


右上2冊は大橋歩さんが作られていた『アルネ』の別冊。

右から、別冊アルネ『アルネの作り方』と、別冊アルネ『うちで使っているキッチン道具』。

『アルネ』持ってないのに別冊を買ってしまった。バックナンバー見てるとどれも読みたくなっちゃう。

右下は最近とても好きな幸田文さん。『番茶菓子』と『草の花』。


写真の色、濃くしすぎちゃった…(笑)

| 日記 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0)
10月29日(月)風邪気味
仕事中にくしゃみ、ハナ。ぐずぐず。
あれ? 風邪?

光り輝く満月を見上げながら早めに帰宅。
帰ってすぐにお湯で葛根湯を飲む。
食後、生姜の甘酢漬けなどをガリガリ。

首に巻物を巻いて、普通の布団を羽根布団に変えて、早めに寝ます。
悪化しませぬように。

| 日記 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0)
9月11日(火)新iPod nanoがやってきた♪
9月2日(日)に引き取られていった、my初代iPod nano。
交換には6週間かかるとのことでしたが、9月6日(木)に新しいのが届きました!
4日後には到着というありがたいスピーディさ!

さっそく箱を開けると…ちっこい!


文庫本と並べるとこのくらい。


説明書のたぐいは一切なし! さすがApple。

仕方ないのでAppleのHPに行って、パソコンのi-Tuneを何とかバージョンアップさせて、
新iPod nanoに同期させて充電して…
さっそく聴いてみましたが、何これー、音いいじゃーん!♪
ちっちゃいのにいい仕事します。

Appleの製品は説明書がなくても何となく使い方がわかる、というところがいいんですよね。
シンプルで、そして、楽しい。ワクワクする。
人と機械との楽しい関係。
ああ、Apple製品の良さを思い出しちゃった(初代iMacユーザーだった)。
iPadとかiPhoneも使ってみたくなる。

大きさは約半分になり、容量は4G→8Gと倍になりました。なくさないようにしなくちゃ。
クリップになってるのも便利です。



いやいや不思議だわぁ。わたしったらわらしべ長者みたい(←ちょっと違うだろ)。
まだ戸惑うことも多いけど徐々に慣れるでしょう。

大切に使おうと思います。


※後日追記(9月17日)
日本時間で9月13日、iPhone5発売の発表がありました。それに伴い新iPod nanoも発表。
http://www.apple.com/jp/ipod-nano/

細長いじゃん! 大きさ初代に戻ってるじゃん!
やはりこの小ささでは逆に使いにくい、なくしやすい、という反省があったんでは…?

うーん。初代→今回の新iPod nanoだったら、
その間の試行錯誤はすっとばしておいしいとこどりだったんじゃないかという気がしてならないよ…。

そうはうまくいかなかったねぇ…
別に普通に使えていたんだし、何も急ぐことはなかった。

ほんとに交換してもらえるのか、好奇心や試してみたい気持ちが勝ってしまったけど、
もう少し様子を見ていればよかったな。

今後の教訓にするとします(^^;)/
| 日記 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0)
9月2日(日)ありがとう、さようなら、わたしの iPod nano

2005年12月8日に購入して以来愛用してきた、初代iPod nano。



わたしは右の白いほうの4Gを使ってました。

買った日にこのブログにも書いてます。
2005年12月8日(木)ジョンレノンとパールハーバー

先日、ふとした弾みで水没させちゃったんです。
すごくショックで、処置の仕方をネットで調べてみたんです。

そしたら! どなたかのブログで衝撃的な情報を発見

初代iPod nanoを無料交換してくれる!?
AppleのHPより(↓)。

Apple では、ごく稀に iPod nano (1st generation) のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となる iPod nano は 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano(1st generation)をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で無料交換手続きをされることをおすすめいたします。

初代iPod nanoはもう製造されていないから、最新のiPodと取り替えてくれるらしい。

こういうの、何というのでしょう? 晴天の霹靂? それは悪いほうか。
棚からぼた餅? 渡りに船? いやどれも違うね。
まぁなんでもいいんだけどさ、ともかくラッキーですよね。

さっそくネットで申し込み。
そして先ほど、宅急便の方が引き取りに来られて、どこにも一緒だったあいつと、お別れしました。

ラッキーと喜んでいたけど、やっぱり寂しい。この細長い形にも愛着があった。
どこに行くにも一緒だった。NY、沖縄、パリ、メルボルンにも連れて行った。
乗り物の中や知らない街で大好きな音楽を聴くのが大好きだった。
カバーもせずに使っていて(買いに行ったときにはもう次世代仕様のしかなくなってたの)、
裏側の銀色の部分なんて傷だらけになっちゃってさ…ごめんね。

ありがとう、わたしのiPod nano。
6年9か月の間、存分に楽しませてくれて、どうもありがとう。

新しいやつが来るのは6週間後とのこと。それまで電車で音楽聴けないのは困ったなぁ。

到着したらまた報告します。

| 日記 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0)
8月11日(土)ロンドンオリンピック〜学生時代のイギリス旅行

夏真っ盛りですね。
うちは蝉の鳴き声がすごくて会話もままならない今日この頃です。

今年はわたしの好物、うなぎの価格が上がっていますが、
先日、うれしいことに、口にすることができました! 家族によるmy誕生日のお祝いで。
大変美味でした。ありがたや〜m(__)m

ロンドンオリンピックも明日でおしまい。
日本人のメダルの数、すごいなぁ。
って、わたしはサッカーを何試合か見たくらいなんだけど…。
なでしこは銀。
引き分けたスウェーデン戦、勝利したブラジル戦、そしてフランス戦、素晴らしかった。

ま、もともとが運動会より文化祭が好きな人なので、開会式は楽しみましたよ。
一番楽しめたのはMr.ビーン。もう大爆笑しちゃった。最高! 大好き!
エリザベス女王の登場の仕方もね。ドキドキハラハラ、ワクワクさせてくれて、極上のエンターテインメントでしたね。さすがイギリス。ユーモア炸裂。

もちろんロックメドレーも楽しかった。キンクス、フー、ストーンズ、クイーン…。
最後はポールが「ヘイジュード」を熱唱。出だしでトラブルがあって急遽生演奏に切り替えたとのこと。顔色ひとつ変えず…さすがです。
あの衣装は娘のデザイナー、ステラ・マッカートニーのデザインなんだってね。

日本時間で明後日の早朝に行われる閉会式も楽しみにしていよう。

-----
イギリスは初めて訪れた外国だからか、親近感というか愛着というか、そんな感情があります。

ロンドンはまず、建物が大きくて重厚で驚きました。
人々はみんな自分に自信を持って歩いているように思えた。人の目を気にしないというか。それがとても心地よかった。
そのころ(大学4年生)、日本人の同調圧力みたいなのが嫌でたまらなかったのかもしれない。
街の色合いとしては、茶系を基調として赤や青がポップに効いてるのが印象的だったな。

同行した友人たちと別行動で、何と1人でロンドンの西に広がる丘陵地帯、コッツウォルズ地方にも足を伸ばしたのだけど(大冒険でした!)、
ロンドンとはうって変わって田舎で、でも日本の田舎の風景とは全然違っていて、感動したなぁ。
風景が子どものころ読んだ絵本そのもの、家々も可愛らしくて。


いつかイギリスの田舎を車でのんびり巡ってみたいものだと思った。
なかなかそんなチャンスはやってこないのだけどね。

| 日記 | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0)
1月21日(土)ちひろ美術館

雨降りの寒い土曜日、練馬のいわさきちひろ美術館に行ってきました。一度行ってみたかったの。
いま開催中の展示は「ちひろの白」っていうテーマで。まさにちひろさんの絵の核心に迫るテーマですよね。
塗り残しの白はいかにもちひろ's白ですが、それ以外にも雪をあえてグレーの濃淡で描いたりもしていて、雪に着目し微妙な諧調を描き出したモネと同じだ!と思いました。

ちひろさんの原画は、大丸美術館で見て以来だけど(もう10年近く前かな)、いいのよねーやっぱり。
今回も初っ端から目が釘付け、ため息つきっぱなし。

「絵で表現する人」なのだよなあ、と。すごいな才能だなと。天賦の才能とはこのことかと、改めて思った次第です。
マフラーだけ白く塗り残した白いマフラーの女の子とか、洋服もかわいくて。
わたしがもっとも親しんだちひろさんの絵といえば『窓際のトットちゃん』の挿絵ですが、あれもほんとに女の子のかわいらしさがよく表現されていた。大好きだったな。
そんなことを思い出して、じーんとしてしまった。

ちひろさんの言葉もよかったです。
「わたしが描いているのは油絵のような大作ではなく、絵本の挿絵というささやかなものだけれど、この絵を見た子どもたちの心に残り成長しても力になるようであればうれしい」
というような文章があって、ちひろさんそれは叶ってますよと思いました。

カフェで“おやき”を食べたのだけど、すごくおいしかった。1つはきんぴらごぼう、1つは茄子と味噌が入っていました。
写真なしで残念!

「谷川俊太郎と絵本の仲間たち −堀内誠一・長新太・和田誠−」という企画展も開催されていて、これまた見ごたえ十分でしたが、もはやちひろさんでお腹一杯で、あんまり心と頭に入ってこなかった。
4人とも大好きな人たちだというのに。
この企画はこの企画だけで見たかった…
今月7日に谷川俊太郎さんの言葉と唄バンド「Diva(ディーバ)」のコンサートを見に行ったばかりだったので、今年は何だか谷川さんづいています。
谷川さんの詩で作られた曲の譜面集があってパラパラ見ていたら、そのコンサートで聞いた、先日亡くなった林光さん作曲の『人食い土人のサムサム』という曲が入ってました。びっくりした。

-----
ミュージアムショップで、『ちひろのことば』という本を買いました。


上の文章が載っていないのが残念だけど、ほかにもいいなと思った文章が載っていたので。前半は絵がたくさん収録されてるし。いい本買ったなー。

| 日記 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0)
4月6日(水)良い春を

4月ですね。桜も咲き始めました。
更新されたかな? と思って見に来てくださってる方、最近なかなか更新できず、気になりつつ放置…
ごめんなさい。

ブログ、少しお休みします。
また書きたくなったら書きます。
皆さん良い春を。

| 日記 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0)
3月24日(木)キベラの子どもたちありがとう

twitterでおしえてもらった動画。
Prayers from kibara for Japan 〜祈り〜 キベラから日本へ

ケニアの首都ナイロビのキベラスラムというところの子どもたちが、
日本のことを想って歌ってくれています。泣いてくれています。

ぜひ見てみてください。
すでに3回見て泣いているわたし。

ありがとう、ありがとう、キベラの子どもたち。
こんな遠い国のことを想ってくれてありがとう。
泣いてくれてありがとう。祈ってくれてありがとう。
キベラのわたしたちの子どもたちよ。本当にありがとう。

| 日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0)
2月15日(火)大雪の翌日

昨夜はこの冬初めての積雪。
帰りがけ、みぞれまじりだったのがぼたん雪に変化してぼんぼんぼんぼん舞い降り、
みるみる降り積もっていくのでびっくりした。

今日は快晴。雪の写真を撮ろうと日中ぶらぶら。
もはや道路の端などに寄せられた黒い雪しか見当たらない…
と思ったら雪だるまを発見。うれしくなる。あは、ベレー帽かぶってる。



梅の花も見つけた。
雪と梅。いかにも2月らしい。



もうすぐ春なんだなあ!

春はうれし。

でも、冬には冬の楽しみがあったよ。
雪も楽しい。
梅も楽しい。

いつだって、どこでだって、楽しめる。

| 日記 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE

<< / 2/15PAGES / >>