文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
9月10日(木)フィンランド旅行記まとめ
フィンランド旅行記を書き終えました。
大作であった。めっちゃお疲れさま、わたし!

以下に目次を作っておきます。

8月10日(月)成田→フランクフルト→ヴァンター空港
8月11日(火)ヴァンター空港→アパートホテル+ヘルシンキ市内観光
8月12日(水)ヘルシンキ市内観光
8月13日(木)ヌークシオ国立公園→蚤の市とデザイン博物館
8月14日(金)アラビア→ホテル探検→FAZERでお茶
8月15日(土)スオメンリンナ要塞→アパートサウナ不調
8月16日(日)ハメーンリンナへ
8月17日(月)マリメッコとサウナの日
8月18日(火)ファブリック探しとかもめ食堂
8月19日(水)ヴァンター空港へ→帰国

12日と13日はヘルシンキからアップした記事に【追記】したためよくわかんないことになっていますが、基本的に【追記】部分がその日のことを詳しく書いたものになります。
ヘルシンキからアップした分は、マーケットやきのこの写真などをお楽しみいただければ…です。
| | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0)
9月8日(火)富沢商店がやってきた!
本日、ルミネ荻窪に富沢商店がオープン!
やったー! ワクワク、待ち焦がれておりました。
 
町田の卸問屋だった富沢商店。手作り派の強い味方です。
パン作り、お菓子作りの材料が良心的な価格で手に入る。
豆など乾物類も充実してるし、ドライフルーツとか製菓用チョコレートとか、見てるだけでも楽しいのよね。

横浜に住んでいたときは横浜そごうの、蒲田に住んでいたときは有楽町ルミネの店舗を利用。
荻窪に引っ越してからは新宿京王百貨店の店舗に買いに行ってました。
1年前から自分でパンを焼くようになったので、強力粉を買わねばならないのですが、5キロとか、けっこう重い!
最寄駅にあれば自転車で買いに行けるし、うれしいわ〜♪

今日はオープン日なので特に買うものはないけど早速チェック。
初日でたくさんのお客さんが来てました。
お店は小さかったけどわたしのいつも買う粉もあったし、問題なく利用できそう。
「富沢商店来てくれるなんてうれしいねーっ!」と娘に語りかけるお母さんがいた。うんうん、気持ちわかります。

本日はクランベリーのドライフルーツを買ってみた。
〜一口情報〜
ドライフルーツはヨーグルトに入れておくと、ふっくらしておいしくなるよ。知ってた?

明日の朝の分は仕込み済み。これで明日の朝は、起きるのが楽しみに。

富沢商店のある暮らし、楽しみ♪
| 食(つくる、食べる。お店も) | 20:27 | comments(2) | trackbacks(0)
8月30日(日)フィンランド旅行記アップしてます
急に涼しくなって秋の気配満載ですが、昨日は高円寺の阿波踊りへ!
浴衣を着て行ったぞ〜

ああー、最高だよ阿波踊りは。鐘と笛と太鼓の音がたまりません。
心が湧き立つ。踊りたくなる。

高円寺の阿波踊りは、すでに59回目なんだって。
あ、今日も2日目が始まるころ。5時から8時まで。

------
フィンランド旅行記、ひっそりとアップしております。
なるべく簡潔に、「富士日記」の武田百合子さんのような淡々とした文体で書こうとしていましたが、
徐々にわたし流の文章になってしまった。

8月10日(月)フランクフルト経由でヘルシンキへ
行きは直行便ではなかったので、長い長い道のりだったのでした。
まずはフランクフルトまでの記録。

8月11日(火)ヘルシンキのアパートホテル着〜ヘルシンキ市内観光
フランクフルトからヘルシンキへ。ようやくホテルに到着! 
日本の家を出てから26時間半!の長い長い旅でした。
市内観光は、ヘルシンキ大聖堂やウスペンスキー寺院など。

8月12日(水)ヘルシンキ市内観光
ヘルシンキからアップした「ヘルシンキより」に、テンペリアウキオ教会のことなど、追記しました。

8月13日(木)ヌークシオ国立公園→デザイン博物館
ヘルシンキからアップした「ヌークシオ国立公園」に、デザイン博物館のことなど追記しました。

14日(金)〜18日(火)の分も、徐々に書いていきます。
まだまだたっぷり5日分ほどあります!
| | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0)
8月21日(金)生存・生還

Moi!(モイ!〜こんにちは!〜)

 

ただいまぁ〜!

一昨日、19日の朝、フィンランドより帰国しました。

家に帰るとき一番心配だったのは、バラやハーブたち、あと、3匹の魚たち(クマノミ)のことでした。

 

むーの緻密な計算によるお水対策を信じていたのですが、

実は「水の量は大丈夫だけど、生きていられるかどうか、実際のところは俺にもわからない。確実ではない」とのことで、本当に不安になりました。

 

わたし「もし、全員死に絶えていたらどうしよう…?」

むー「ゆきちゃん。そのときは、また一から始めようよ。ね?」

 

大草原の小さな家シリーズの「父さん」のようなことを言うむーをちょっとかっこいいと思いつつ(笑)、ドキドキしながら帰宅。

恐る恐るバルコニーへ……

 

全員無事でした!!

お魚たちも!!

 

あああ、本当によかった。酷暑のなか、よく生き抜いてくれた。

しかも、シソもバジルもミントも大きくなって…(涙)

みんな、よくがんばったね。

 

----

というわけで生き物たちも無事だったし、

わたしたち2人も大きなアクシデントもなく健康で、

フィンランドの街並みや食や自然や素敵なデザインなどを満喫し、

優しい人たちや、森と湖が織りなす青と緑の絶景にたくさん出会って、素晴らしい旅をしてきました。

 

毎日遊び暮らして帰りたくなくて、

飛行機が離陸して森と湖が眼下に見えたとき「さようなら、フィンランド」とつぶやいたら涙が出てきてしまった。

年取ると涙もろくなってダメね。。。

 

今回は2回ほどフィンランドから投稿してみましたが、追いつかなくて途中で途絶えてしまったので、またいつものように、これからたっぷりと旅行記を書いていこうと思います。

 

お楽しみに!♪

Moi Moi!(モイモイ!〜バイバイ!〜)

| | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0)
8月19日(水)ヴァンター空港へ→帰国
走り出したバスの中で、トマトやレタスを出してもしゃもしゃ食べるわたしたち。人の目は気にしない。

通路を隔てたお隣にはずーっとおしゃべりしている女性2人組。
何をそんなにしゃべることが…?と思っちゃうほど、ずーーっと…
でも女性ってそういうものよねー。おしゃべりしないと生きていけないっ!

バスがブレーキをかけたとき、座席に置いていたむーのバックパックが肘掛に当たったのか、ガシャ!という嫌な音がした。
顔を見合わせて…ため息をつく。
あーーーー、やっちゃったか。割れ…ちゃった…?

食器を持って帰るなんてね、やっぱり危険だったよ。
せっかく買ったのに。。どれが割れたんだろ。。ああ、重くても全部わたしのスーツケースに入れるんだった。。

でも仕方ない。覆水盆に返らず。
悲しくて諦めきれないけど、諦めるしかないと自分に言い聞かせる。

空港に着くと、何やらかわいらしいお店が出店中。Kauniste(カウニステ)というブランド。
ほんわか、女の子っぽい。絵本っぽい。森と湖の国っぽい。フィンランドっぽくてかわいいっ! わたしの大好きな感じだーーっ!
こんなブランドがあったんだ。知らなかった。自分と母へのおみやげ、ここで買えばよかったな。お値段もだいぶ安いし。。
と後悔しつつ、でもこのブランドを知っただけでも良しとしようと思う。

食器の免税手続きのため、長蛇の列に並ぶ。日本人多し。
無事終え、余ったユーロでチョコレートなど買い、チェックインして機中の人に。
帰りは成田直通! そしてちゃんと隣同士の席です。良かった^^

定刻通り、5時15分、離陸。

あ、マリメッコのフィンエアーが見える! かわいい!


森と湖が見えてきた。
さようなら、フィンランド。
そうつぶやいたら、思わず涙が出てきてしまった。楽しかった思い出が、素晴らしい経験が蘇ってきて。
人が、自然が、素晴らしかった。連日お天気にも恵まれて、心から楽しんだ。
フィンランド、ありがとう。


すぐに夕飯。
エビの何かとご飯。久々のご飯だが(長細いのじゃないやつ)これはおいしくない。。


ハーゲンダッツのバニラアイスも出た(行きも出た)。


フィンエアーとマリメッコは、2013年夏からコラボレーションしてるらしい。
毛布も、紙ナプキンも、紙コップも、マリメッコデザイン! 素敵すぎる。
(ムーミンパッケージのFAZERのチョコもかわいくておいしい。)

 

食事を終えると免税販売が回ってくる。
「Marimekko for Finnair」オリジナル製品もある。
ポーチ。これがかわいい! キュートでクール!

ああ、最後のチャンスか。免税でお得だし…買おうかどうしようか真剣に悩んだ。
もうポーチは買ったし。。でも、あれはあれ、これはこれ。
迷っている間に眠ってしまう。ZZZ...

寝たり起きたりしている間に朝になる。
行きに比べてなんて早いの!? 楽ちん。

朝ごはん。


そしてついに成田に着陸。
結局ポーチは買わなかったのだった。またしてもマリメッコとの縁を逃したわたしだった。

飛行機から降りて荷物を受け取って、ほんの少し残っていたお金(20セントとか。。)をユニセフ寄付箱に入れて、わたしたちの旅は終わったのでした。

母に電話すると、
「ゆきちゃん!? 帰ってきた!?」と弾んだ声。
「うん、元気で帰ってきた!」
「そう〜、よかった。お母さんたちね、テレビで観たんよ。ほらあのタコ坊主…NHKの…」
「ああ、鶴瓶。家族に乾杯?」
「そうそう!(笑) あれがヘルシンキだったんよ!  街がどんな感じかわかったよ〜。ビデオに録ったから、帰ってきたら見たらいい」
「へー!海外に行ったんだ!観たい観たい」

てな会話をして、もうここは日本。
京成線に乗って、湿った暑い空気も、そこから見える景色も、田んぼやら低い山やら、ああ日本なのだった。

人がいっぱいいて、みんな小さくて、なんだか無表情で…
街は看板が乱立し、建物も統一感がなく秩序がない…
ダサい。ダサいけど、何か落ち着く。

荻窪に着いて、おそばを食べる。
これがおいしかった! やっぱりこれだね。だしの味。おしょうゆとお砂糖の甘い味。
これがないとどーにも生きていけないよ…と思う。

まとまらないけど、これにてフィンランド旅行記、終了です。
また思うことがあればその都度書きます。
お読みくださってありがとうございました!

あ、追記。食器のこと。
家に帰って恐る恐る開けてみると…なんとすべて無事だったのです!
カメラの三脚が壊れた音だったらしい。
ああ、もうほんとにうれしい。神様ありがとうございました。
| | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE

<< / 2/160PAGES / >>