文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 8月18日(火)ファブリック探しとかもめ食堂 | main | 8月21日(金)生存・生還 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
8月19日(水)ヴァンター空港へ→帰国
走り出したバスの中で、トマトやレタスを出してもしゃもしゃ食べるわたしたち。人の目は気にしない。

通路を隔てたお隣にはずーっとおしゃべりしている女性2人組。
何をそんなにしゃべることが…?と思っちゃうほど、ずーーっと…
でも女性ってそういうものよねー。おしゃべりしないと生きていけないっ!

バスがブレーキをかけたとき、座席に置いていたむーのバックパックが肘掛に当たったのか、ガシャ!という嫌な音がした。
顔を見合わせて…ため息をつく。
あーーーー、やっちゃったか。割れ…ちゃった…?

食器を持って帰るなんてね、やっぱり危険だったよ。
せっかく買ったのに。。どれが割れたんだろ。。ああ、重くても全部わたしのスーツケースに入れるんだった。。

でも仕方ない。覆水盆に返らず。
悲しくて諦めきれないけど、諦めるしかないと自分に言い聞かせる。

空港に着くと、何やらかわいらしいお店が出店中。Kauniste(カウニステ)というブランド。
ほんわか、女の子っぽい。絵本っぽい。森と湖の国っぽい。フィンランドっぽくてかわいいっ! わたしの大好きな感じだーーっ!
こんなブランドがあったんだ。知らなかった。自分と母へのおみやげ、ここで買えばよかったな。お値段もだいぶ安いし。。
と後悔しつつ、でもこのブランドを知っただけでも良しとしようと思う。

食器の免税手続きのため、長蛇の列に並ぶ。日本人多し。
無事終え、余ったユーロでチョコレートなど買い、チェックインして機中の人に。
帰りは成田直通! そしてちゃんと隣同士の席です。良かった^^

定刻通り、5時15分、離陸。

あ、マリメッコのフィンエアーが見える! かわいい!


森と湖が見えてきた。
さようなら、フィンランド。
そうつぶやいたら、思わず涙が出てきてしまった。楽しかった思い出が、素晴らしい経験が蘇ってきて。
人が、自然が、素晴らしかった。連日お天気にも恵まれて、心から楽しんだ。
フィンランド、ありがとう。


すぐに夕飯。
エビの何かとご飯。久々のご飯だが(長細いのじゃないやつ)これはおいしくない。。


ハーゲンダッツのバニラアイスも出た(行きも出た)。


フィンエアーとマリメッコは、2013年夏からコラボレーションしてるらしい。
毛布も、紙ナプキンも、紙コップも、マリメッコデザイン! 素敵すぎる。
(ムーミンパッケージのFAZERのチョコもかわいくておいしい。)

 

食事を終えると免税販売が回ってくる。
「Marimekko for Finnair」オリジナル製品もある。
ポーチ。これがかわいい! キュートでクール!

ああ、最後のチャンスか。免税でお得だし…買おうかどうしようか真剣に悩んだ。
もうポーチは買ったし。。でも、あれはあれ、これはこれ。
迷っている間に眠ってしまう。ZZZ...

寝たり起きたりしている間に朝になる。
行きに比べてなんて早いの!? 楽ちん。

朝ごはん。


そしてついに成田に着陸。
結局ポーチは買わなかったのだった。またしてもマリメッコとの縁を逃したわたしだった。

飛行機から降りて荷物を受け取って、ほんの少し残っていたお金(20セントとか。。)をユニセフ寄付箱に入れて、わたしたちの旅は終わったのでした。

母に電話すると、
「ゆきちゃん!? 帰ってきた!?」と弾んだ声。
「うん、元気で帰ってきた!」
「そう〜、よかった。お母さんたちね、テレビで観たんよ。ほらあのタコ坊主…NHKの…」
「ああ、鶴瓶。家族に乾杯?」
「そうそう!(笑) あれがヘルシンキだったんよ!  街がどんな感じかわかったよ〜。ビデオに録ったから、帰ってきたら見たらいい」
「へー!海外に行ったんだ!観たい観たい」

てな会話をして、もうここは日本。
京成線に乗って、湿った暑い空気も、そこから見える景色も、田んぼやら低い山やら、ああ日本なのだった。

人がいっぱいいて、みんな小さくて、なんだか無表情で…
街は看板が乱立し、建物も統一感がなく秩序がない…
ダサい。ダサいけど、何か落ち着く。

荻窪に着いて、おそばを食べる。
これがおいしかった! やっぱりこれだね。だしの味。おしょうゆとお砂糖の甘い味。
これがないとどーにも生きていけないよ…と思う。

まとまらないけど、これにてフィンランド旅行記、終了です。
また思うことがあればその都度書きます。
お読みくださってありがとうございました!

あ、追記。食器のこと。
家に帰って恐る恐る開けてみると…なんとすべて無事だったのです!
カメラの三脚が壊れた音だったらしい。
ああ、もうほんとにうれしい。神様ありがとうございました。
| | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihitohira.jugem.jp/trackback/858
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE