文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 8月13日(木)ヌークシオ国立公園→蚤の市とデザイン博物館 | main | 8月15日(土)スオメンリンナ要塞→アパートサウナ不調 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
8月14日(金)アラビア→ホテル探検→FAZERでお茶
昨日買ったラズベリーが少し悪くなっているような気がして、同量くらいの砂糖とともに火にかける。ちょっと煮るだけでジャムになる。
黒パンに塗って…甘酸っぱくてうまい!
 

朝ごはんを食べてアラビアに向かう。
その前にモーニングコーヒーをということでKamppiの駅で「ロバーツコーヒー」(フィンランドのスタバのようなチェーン店)を探すも見つからず。
中央駅に向かって歩いていく途中で発見。2人で飲む。

トラムで北東方向の郊外にある、アラビアへ。10時前に到着。

博物館は11時からなので、まずはショップを覗く。日本人がいっぱい。
素敵な食器ばかりでテンションアップ! 奥ではフィンレイソンなど、ベッドカバーやら鍋つかみやら、ファブリックも売られていた。

あれもこれも買いたくなる気持ちを抑え、購入を決めたのはこれら。

・24h トゥオキオ(TUOKIO)の26センチ大皿 2枚
・ムーミンマグ 2つ
・タイカというフクロウ柄のコーヒーカップ&ソーサー 2つ
・モナミ18センチプレート(あとでわかったけど、ロールストランドというスウェーデンの食器だった)

B級品としてお安くなっているものも取り混ぜつつ全部で2万円しないくらいだったかな。うれしー。免税の手続きもしてもらう。
もっと買いたかったけど、陶器を持ち帰る大変さを思えばこのあたりで我慢。

帰ってきて、一番出番が多いのが、トゥオキオの大皿。
普通に生姜焼きでも、朝ご飯でも、毎日使わない日はないという活躍っぷり。
何を盛り付けても素敵。なんてことない料理がご馳走に! お皿は大きいと見栄えがする。これはいいわー。
※大皿がトゥオキオ。下の写真でトーストを載せてるのがロールストランドのモナミ。わかりづらいけどマグカップはムーミン。
   

アラビアのカフェテリアでお昼ゴハン。
パンだのデリだの取り放題で10ユーロくらいだったかな。
こういうの大好き。またまたテンションアップ!

ピーマンの肉詰めならぬ、クスクス詰め。こっちの人はクスクスが好きだねえ。

クスクスはistutのほうがおいしかったけど、ボリューム満点でおいしかった!
タイムはジャガイモ料理と合うんだなという発見もあり。

建物の一番上の階にある博物館に行ってみる。
ファクトリーショップに比べ、人が少なかったのはなぜだろう。
人もいないしのんびりゆっくり、昨日のデザイン博物館に続いて素晴らしい目の保養になったよ。
北欧デザインってなんでこんなに素敵なんだろう。

下はパラティッシというシリーズだけど、上はその原案? 
こんな変遷をたどったのかな。面白い。
 
建物の裏側に回ると、静かな川が流れお花が咲き乱れるという美しき風景が広がる。
ベンチで少しゆっくり。

食器が重いので、いったんホテルに戻る。

ホテルの地下を探検してみると、ゴミ捨て場やサウナがあることを発見!
自転車置き場もあった。なんと、公園まで!

ネットにはあると書かれていたのに洗濯機がないなあと思っていたら、地下にあった! 
隣の部屋は常時温風が吹いている乾燥室。
ああ、ホテルの人には誰にも会っていないのに、何でもできることに、うまく機能していることに感動。いろんなことがものすごく合理的。

しかし地下は誰もいなくて、窓もなく暗くてちょっと怖い。映画「100,000年後の安全」の、あの独特の怖い感じを思い出す。

再度出かける。
今日こそケーキをたべようと大聖堂のあたりまで行くと、すごい人だかり。

ヘルシンキの音楽フェス、「Flow Festival」の1つのステージらしい。
音楽が聞こえてくる。
あ、けっこうかっこいい。ブルースロックだ〜♪

でも、まずはケーキとビール! と、Karl Fazer Cafeへ。人通りの多い通りにある。
これこれ、これが食べてみたかったのよ〜。
迷うことなく(チョコレートケーキとちょっとだけ迷ったけど…Fazerはチョコレートの会社です)、
ベリーのタルトとスパークリングワインを注文。
 
ベリーのタルト最高に美味だった。

それから大聖堂に戻り、人混みを縫って上に上がるも何も見えず。音楽も打ち込み系で好みではなかったので退散。
ああ、さっきのブルースロックはかっこよかったのに。。残念。

またまた中央郵便局に行って、それぞれの親に手紙を書く。
郵便局の隣のKマーケットで、アンズダケの粉末スープやらマリメッコの紙ナフキンやらいろいろ買う。

夕飯は、ヘスバーガー(フィンランドのハンバーガーショップ)のハンバーガーを買って帰ろうということに。
Kamppi駅のヘスバーガーは、タッチパネルで商品を注文→出てきた紙をカウンターの店員に持っていく→お金をボックスに入れる→ボックスが計算してくれる→店員から商品を受け取る…というシステム。
こんなの初めて。この国の徹底的な省力主義?(何でも客にやらせる…!)には驚く。

ホテルに戻って夕飯。ヘスバーガー(普通のハンバーガー)にスライスチーズを挟んだの、トマトとレタス、なすの煮物。
ヘルシンキのなすを砂糖としょうゆで煮て食べるとはおもしろい。

ヘスバーガーはきゅうりのピクルスがたくさん入っていておいしかった。
| | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihitohira.jugem.jp/trackback/851
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE