文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 8月11日(火)ヴァンター空港→アパートホテル+ヘルシンキ市内観光 | main | 8月13日(木)ヌークシオ国立公園→蚤の市とデザイン博物館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
8月12日(水)ヘルシンキ市内観光
【ヘルシンキより】
ヘルシンキからアップしてみます。本日2日目です。

成田→フランクフルト乗り換え→ヘルシンキだったのですが、フランクフルト→ヘルシンキのフィンエアーが2時間遅れ、ヘルシンキに着いたのは深夜2時過ぎ。ホテルに着いたのが3時過ぎ。。
なかなか大変でしたが、何とか満喫中です。

着いてすぐに思ったのは、何だか横浜の関内あたりに似ているなあということ。
翌日わかったけど、そっか、ヘルシンキは港町だったのですね。
港町だと坂が多かったり、かもめが飛んでいたり(結構激しい鳴き方と動き方)、共通項があるのですよね。

ヨーロッパの街はどこも似ているけど、それぞれ特徴があって面白い。
ヘルシンキはこじんまりとしていて、人がそれほど多くなく、建物もわりとシンプル。
食べ物は鮭、トナカイ、キノコ、ベリー類の充実が特徴的。あと、ロシアの影響もあって、ピロシキとか、ご飯の入ったパン(カレリアパイ)なんかがある。

ハカニエミ市場にて。


↓たぶんトナカイの肉。


2階にはマリメッコが。
庶民の台所に?!と違和感を抱くような場所にある。


服やかばん、帽子、傘など、どこかにマリメッコデザインを身につけた人はとてもよく見かけます。おばさんとかも多いから、ほんとフィンランドの皆さんに愛されてるブランドなんだなあと思います。
街に自然と馴染むんだこれがまた。

気温は大体最高が22〜3度、最低が12度くらい。日差しがある昼間はけっこう暑いけど、日陰に入るとかなり涼しい。
夜は10時くらいまで明るいです。

今は夜の8時12分。まだまだ明るい。
先ほどまで少し雨が降っていたけど、もう止みました。

今夜は、レトルトのマッシュルームスープを温め、市場で買ったマッシュルームのスライスとグリーンピースを入れ、きゅうりとトマトのサラダ、サーモン、という夜ご飯を済ませたところです。

昨日は遅くまで騒いでいたホテルの前の小学校も今日は誰もいないようで、ほんとに静です。

2日間ヘルシンキ中心部をうろうろしたので、明日は森と湖に行ってきます!(ヌークシオ国立公園)。

では取り急ぎ報告してみました。


【8月12日(水)追記(ヘルシンキ市内観光◆法
昨夜の残りのチキンを使ったサラダ+目玉焼き+パン+コーヒーという朝ご飯を食べて出かける。


本日も快晴。
シベリウス公園へ。
シベリウスの没後10年を記念して、1967年に制作されたのがこのモニュメント。
意味がよくわからないオブジェ…。

 

観光客がいっぱい。
マリメッコ柄の傘をさしたおばちゃん発見!

 


公園の木は白樺。
少し歩くと、海。水着でボートに乗りこむ女子たち。短い夏を満喫中です。


岩の教会、テンペリアウキオ教会へ。
なんと、360度、岩で囲まれている。遠くから見るとドームみたいな、変な形の教会。
自然との一体感がフィンランドらしいってことなんだろう。

ここも観光客でいっぱい。

ピアノを弾く女性。入り口に「be quiet」とあったが、人が多く、話し声で賑やか。

 


岩に囲まれた不思議な空間で、360度首を回してキョロキョロ…
人の多さもあって、教会らしからぬ落ち着かない空間になっていた。
観光客の皆さん、誰もがそう感じていたと思う。

ランチは海のマーケットで。屋台でニシンの空揚げと野菜の付け合わせ(冷凍野菜だった)を食べる。
にしんはむーの好物。北の人だから。

それと、ピロシキを買ってみる(写真左下)。ピロシキがあるとはさすがロシアの隣の国!
牛ひき肉だったけど、具が少な目でそれほどおいしくは…
うちの母が作るピロシキのほうがおいしい(子どものころ作ってくれていた。ゆで卵とか春雨とか入っていて、それはおいしかった)。

トラムに乗り、昨日のリベンジでハカニエミへ。
この建物の中がマーケットになっている。


またトラムに乗って中心部のほうに戻り、ヘルシンキミュージックセンターに行ってみる。

2011年9月にできたという新しい施設。
ガラス張りで、中に入ってみると、カフェやレストランがあって、少しだけ六本木の国立新美術館に似た感じ。
360度客席がぐるりと舞台を囲む(←サントリーホールみたいだね)大ホールを見てみたかったけど、
ホール内部には入れず。目ぼしい情報も得られず。

歩いて中央郵便局へ。かわいいカードがたくさんあって、その場で買って書いて出すことができる。
市販のカードといい、職員の皆さんが着ているオレンジ色のTシャツといい、民営化されたとはいえ、日本とはかなり違う雰囲気。

むーは弟さんにハガキを書いて出す。

外に出るとちょっと雨が降ってきた。でもだれも傘をさしていない。すぐに乾くからかな?
kamppiまで戻り、またスーパーに寄って帰る。

| | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihitohira.jugem.jp/trackback/845
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE