文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 6月12日(金)ベールとグローブのこと | main | 6月21日(日)ゆったりランチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
6月16日(火)ブーケと会場装花
ベールやグローブを省略しても、ブーケを省略する花嫁はいません。
というわけで、今回はお花のお話。

お花ってそれ自体美しくて、ただ束ねただけで十分美しいけど、丸くしたり(ラウンドブーケ)、涙型にしたり(ティアドロップ型)、花を1種類にしたり何種類か入れたり、自分好みの豪華なブーケを作ってもらえるのは花嫁の特権!
うれしくって、どんなのがいいかな〜と、またまた燃えてしまう(←ドレスもブーケも、何か1つ決めるごとにいちいち燃える人)。

結婚式が終わってみて思うのは、ブーケはほんとに重要なアイテムだってこと。
ベールより重要かもしれない。花嫁姿のイメージを左右します。これはよーーく考えてオーダーするべき!

わたしは最初、キャスケード型という、流れるような豪華なブーケでお願いしていました。色は白+グリーンで。
しかし披露宴時は紫系のリボンを腰に巻くので、これではいまいちマッチしないなと。
勢いでオーダーしたものの、クラシックなキャスケードより、少しカジュアルで、かわいい感じのラウンドブーケもいいな、と。

そこで考えたのが、ラウンド型のクラッチブーケで、白+グリーンベースに、少しだけ紫色のお花を入れてもらう、ということでした。
これなら披露宴時にリボンチェンジしてもバッチリ。

その後、披露宴時に髪に生花をつけることにして、その兼ね合いでピンク色のお花も入れてもらうことになって、けっこうポップでカラフルなブーケになっちゃった!
(淡い色を入れる人は多いですが、わりとはっきりしたピンクや濃い紫も入っているので。。)

-----
髪につける生花との兼ね合いとは…
披露宴時の髪飾り(ヘッドドレス)はいろいろ悩んで、ライラックの造花をネットで見つけて購入。
しかし、生花もつけたい…
よし、ライラックの造花に加えてバラの生花もつけることにしよう。
ライラックは薄紫だから、何色が合うかな? …ブーケに入っている白バラも合うけど、ピンクのほうが華やかでかわいいかなぁ。。
細かい話ですが、ブーケに入っているお花をヘッドパーツにする場合、1本1000円。入っていないお花の場合、1本3000円とのこと。
つまり、白バラなら1000円、ピンクのバラなら3000円…1本3000円とは高い……
そうだ! ブーケにピンクのバラも入れてもらえばいい! そうすれば1本1000円になる!

というわけで、白+グリーン+紫のブーケにピンクも追加してもらうことになったのでした。

-----
キリスト教式で挙式の場合、ほとんどの人が白+グリーンのブーケを持ちますが、色を入れたブーケにすると、花嫁さんの全体の雰囲気ががらりと変わります。

白+グリーンのブーケは、もちろん素敵です。何ともいえず清楚ですよね。
でも、必ずしもそうしなきゃならないわけではないらしいです。
わたしは、大好きな色を束ねたブーケで、白ドレスとベールにさし色を入れたというか、ブーケで少しくだけた感じにしたというか。
クラシックで上品な感じではなく、「大人かわいい」イメージになったと思う。
ピンクと紫は、春らしく、わたしの好きな配色です。

ブーケって無限に作れるから…
丸く整えない、野の花をばさっと束ねた感じとか、キャサリン妃みたいに可憐なすずらんを束ねたのとか、あのドレスに合わせたらどんな感じだったかな〜とか、あれも素敵だったかな、これも素敵だったかな、と今でも回顧のひとときを楽しんでいるわたしです(←一生やってろ^^;)。

繰り返しますが、持つブーケによって花嫁姿が変わります。ブーケが花嫁姿を決定づけるといっても過言ではない。
ほんとに奥深く、面白い世界ですね。

-----
会場の装花は白+グリーンをベースに、ピンクと紫をポイントに入れてもらうことに。
当初、ブーケは白+紫だからまったく同じ配色じゃなくていい感じかなと思っていたけど、ブーケにピンクを追加したため、結局は丸かぶりになってしまった^^;
ただし会場のほうは、バラなどの丸いお花だけでなく、細長いのや、大きさの違うのや、いろいろなお花を入れるようお願いしていたし、ピンク色は大変淡かったので、ちょっと印象は違ってるかな。
 
生け方は、茎をそのまま見せるアレンジでお願いしました。クラッチブーケと同じ。
グリーンもはわせて、よりナチュラルな雰囲気に。

-----
ブーケも会場の装花も、本番になるまで、どんなふうになるかはわかりません。
それが心配で心配で…!

紫の色はこのくらいの濃さで、このくらいの分量で…
ピンクはこのくらいで…
ネットで探した写真を添付して、お花屋のスタッフさんと何度も何度もメールのやり取りをして、スタッフさんはそのたびに親身になってご対応くださいました。
ただ、当日会場のお花を見て、「ピンクは、もう少し濃いのも入れてほしかったんだけどな…伝わらなかったか…」とつぶやいてたけどね。難しいです、色のイメージを伝えるのは。

でも、スタッフさんはほんとに親切でした。
直前にオーダーした髪飾り用の生花も、2本お願いしたところ、当日4本もお持ちくださって…!

ドレスショップの方もほんとに良くしてくださったけど、お花屋さんもまたしかり。
プロの方のお力をお借りして自分プロデュースの結婚式を作り上げていくことが、楽しくて仕方ないわたしでした。
| 結婚式 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE