文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 10月26日(金)わたしの図書館遍歴 | main | 10月29日(月)風邪気味 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
10月28日(日)ベニシアさんの本

京都・大原在住のイギリス人、ベニシアさんをご存じですか?
わたしはNHK『猫のしっぽ カエルの手』で知りました。
あたたかなお人柄。自然と触れ合い手作りを大切にした暮らしぶり。
見ているだけでこちらまで優しい気持ちになってしまいます。

本も出ているんですね。知らなかった。
2冊、読んでみました。

ベニシアさんは、なんとイギリスの貴族の出身。
20歳でインドへ(多くの西洋人の意識が東洋に向いた時代)、そして日本へ。
貴族制度に疑問を持ち、60年代カルチャーの中で青春時代を過ごし、物質よりも心の豊かさを大事にする生き方を志向−−それでハーブなど自然の恵みや、手づくりを大切にした生活を営まれるようになったのですね。本を読んで知りました。

■『ベニシアの京都里山暮らし―大原に安住の地を求めて』

ハーブの効用・歴史、愛について、食べ物のこと、自然のこと…やわらかい文章の中に、思いがたくさん詰まっている。
ハーブ利用法については即生活に取り入れられそう。不眠対策のくだりとか。

ベニシアさんは、思い立ったらすぐに実行に移す方。
ビスフェノールAを含むプラスチック容器から、この化学物質が食物や水に染み出すことを知ると、家の食器はもちろん、冷蔵庫に入っていたプラスチック容器に入れていた食品はガラスやホウロウ容器に入れ替えます。

「ビスフェノールAの安全性、危険性について未だよく分かっていないところが多いようですが、先にも書いたようにアメリカ厚生省は『人間の健康への悪影響が否定できない』と結論付けています。『ビスフェノールAは大丈夫だ、安全だといわれて信用していたのに、後でそれが否決された……』というような事態になっても、悲しむことのないように。私は今自分でやれると判断したことは、行動に移すことにしています。」

これを読み、ああベニシアさん、原発についてどうお考えでしょうか!と思ってしまった。

■『ベニシアの京都 里山日記―大原で出逢った宝物たち』


最終章のクリスマスシーズンのお話が楽しかったなぁ。
「宗教を超えた地球のお祭り」と「クリスマス・フルーツケーキの話」がとてもよかった。キリスト教が普及する以前、ヨーロッパにはたくさんの宗教があったようなのです。

「キリストの祖先やユダの祖先を辿ればアブラハムだと聖書に書かれています。マホメットの祖先もアブラハムだとコーランに記されています。つまり、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教のルーツは同じところからきています。偉大な精神的指導者は、真理と愛と平和を私たちに伝えてくれました。しかし、後に教えを引き継いだ人々は、その教えを宗教という形に作りあげていきました。教えが宗教になってしまうことが、キリストの望みであったかどうかは疑問です。クリスマスの起源を調べていくうちに、クリスマスはキリスト教という宗教を超えて、地球に住む人類全体のお祭りではないかと、私は思うようになりました。」

地球に住む人類全体のお祭りと考えれば、
わたしたちが日本でクリスマスを祝うのもおかしなことではないということになるね。
真理を愛と平和。それは誰にとっても大事なことで。
クリスマスという素敵な祭典を、もっと楽しみたいなあ、と思ったりしたことです。

| 本・雑誌 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:44 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE