文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 11月8日(火)9.19「さようなら原発集会&デモ」武藤類子さんの演説 | main | 1月21日(土)ちひろ美術館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
11月10日(木)『ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生より』

日本人って意見をあまり言わないし、対話を避けようとするところがあるなぁ…と、ここ数年とみに感じていて。そもそも意見を言うこと自体疎まれる傾向があるなぁと。
で、「意見を言い合う=喧嘩」
となりがちなのはなんでかなぁ?って、わたしは対話したいだけなのになぁって思っていた。

そんなわたしにフィットしたのがこの本。

ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生より』(平田オリザさんと北川達夫さんの対談集)
やー、目から鱗でしたよ。名言の嵐。

まず、意見を言うということは必ずリスクが伴うって指摘。当たり前なのだけど…認識不足だったかもしれない。
このブログもそうですね。いろんな立場でいろんな意見があるのは当然なので、1つの意見を言うことは本来、非常に難しいことなのですよね。
まずはそのことをしっかり認識すべしと自らを戒める。

そして、「価値観の押し付け」ということについても、もっと敏感でありたいなと思った。
日本の国語教育は一つの方向に導いていくような教え方をする、そのほうが楽だから、と語られている箇所があって。
自分自身そういう授業を受けたし、教育実習で教えたときもそうだったなと思った。
でもそれは価値観の押し付けになってしまうとの指摘に、ハッとした。

フィンランドでは「心とか考えというものは全員違うのがあたりまえ」と思っているから、こう感じなければならないんだという指導はむしろ罪に近いとのこと。
ひゃー、日本の教育は罪だらけだよ。教師はみんな罪人(笑)。
あ、北川達夫さんはフィンランド教材作家さんです。

平田:「読書をすれば心が豊かになります、だから読書をしましょう」ということもふつうに言われていますが、「他人の心が豊かであるかどうか」の判断がなぜあなたにできるのか、そんなことはあなたが決めることではない、それは子どもといえども個人の内面に踏み込むことだという感覚が、大人たち側にあまりにもないんじゃないかと思うんです。(p.10)

いやいや、こういうこと、言っちゃいがちですよね、好きですよね、日本の学校って。
教師じゃないけどわたしも言いがちだなと反省。
でもほんと、おっしゃるとおりですよ。他人の心が豊かかどうかなんて、わかるはずがない。

と、いきなり教育の話になりましたが、
それが対話とどうつながってくるかというと、そういう教育を受けた人間は自分の頭で考えて意見を述べたり、人の意見を聞いて自分の意見を柔軟に変えたり新しい価値観を生み出していくというようなことが苦手になっちゃうんじゃないかなと思ったわけです。
考えることを放棄したり、一方向にしか考えられなくなるんじゃないかな、と。
自分も含めて、ですよ。

間違いなく日本は強力な同調主義の国だと思います。
人と違っていることを恐れる。みんな一緒でなくてはならない。
そうなっちゃったのは、島国で、鎖国してた時期が長かったり、その他いろいろ、本当にいろいろな要因があるだろうし、「以心伝心」てのはとても優しいコミュニケーションで、良いところもあると思う。
でも、これがこの本の主題なわけだけど、これだけ多種多様な考え、国籍の人たちが一緒に住むようになると、このままではダメだと。わたしもそう思う。
現にここ数年、わたし自身が困難な場面に直面してもいる。

「対話」ではなく「喧嘩」になるっていうのは、三谷幸喜監督の『12人の優しい日本人』がまさに日本人のその性質をとらえた作品だったな。
子どものような喧嘩で…これ大好きな映画ですけど。

話がそれました。
ではどうしたら対話になるのか…
それが語られてる部分を引用しておしまい、にします。

対立を恐れないこと、変わることを恐れないこと。対話にはこの姿勢が必要。

ただ、問題は、自分ひとりが心がけても相手もそのような気持ちでなければ「対話」にはならないってことだよなぁ…
やっぱり「教育」が大事だと思います。

北川:相手の見解があって自分の見解がある、それが対立する、対立するとお互いが変わってくる。まさに、その変わってくるところを楽しめるか、そこを重視できるかですよね。回避をせずに、対立を恐れないでぶつかって、そのうえでお互いにどう変われるか、そのプロセスを理解することが対話では重要になってきます。回避してしまえば、その場の摩擦を避けることはできても、お互いすれ違いですから、本質的な問題は何も解決しません。

平田:お互いが変わっていくことを前提にして話し合いをはじめられるかどうかが大きいですよね。どちらかが勝つか負けるかではなくて。でも、どうしても勝ち負けになってしまいがちなんですよね、日本の場合は。両方が変わるということをなかなか前提にできない。

北川:勝ち負けになるか、どちらも引いてしまって、互いに不満なところで妥協点を見つけてしまうか。
ただし、妥協というのを否定的にとらえると、これまた対話はできなくなってしまいます。ここで議論やディベートと混同してはいけません。議論やディベートは相手を説得することが目的だから、妥協というのは、お互いに説得に失敗したということで否定的にとらえざるをえない。
しかし、対話というのは、価値観を意図的に衝突させ、それによってお互いに変わっていく作業なのですから、ある意味で前向きに妥協点を探す作業ともいえるんですね。
多文化共生というのは、相手を圧倒するとか、相手に圧倒されることを前提とするのではありません。いっしょに生きていくことを探っていくことなんですから、お互いにとってどうするのがハッピーだろうということになる。価値観が違うのならば、お互いの価値観をすり合わせて、ハッピーな妥協点を見つけていく。そのためには、お互いに変わっていくしかないんですよね。
(pp.167-168)

| 本・雑誌 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE