文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 11月29日(月)雪の写真家と研究家 | main | 12月4日(土)富士山 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
12月1日(水)『レオニー』


彫刻家ノグチイサムの母、レオニー・ギルモアの人生を描いた映画『レオニー』を観ました。
監督の松井久子さんとは取材関係でお目にかかったことがあります。
ノグチイサムではなく、その母に焦点を当てるのは、女性監督ならではの目のつけどころ。

ノグチイサムの父親は詩人でした(知らなかった!)。
野口米次郎(ヨネ)といいます。
渡米中に編集者・レオニーと出会う。
そして二人は恋仲となり、レオニーは妊娠。生まれたのがイサムでした。
レオニーはイサムを連れ、日本に帰国したヨネのもとにやってくるが、ヨネは日本女性と結婚していた…その身勝手ぶりには驚きました。

学び、働き、愛し、傷つき、子を思い、苦悩し、
しかし強く、誇り高く生きた、一人の女性の人生が描かれていました。

最後の桜のシーンが美しかった。

| 映画 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihitohira.jugem.jp/trackback/732
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE