文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 10月20日(水)昨日のライブ | main | 10月24日(日)パリのファッション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
10月22日(金)ネタください!

ああ、ほっとしたのもつかの間…またコラムの締め切りがやってくる。
何を書こうか…ネタを考えるのがけっこうしんどい。ネタが決まれば半分以上できたも同然(は言いすぎか)。
誰かネタくださーい。次は12月号!

11月号は大好きな絵本が映画化(しかも3D化)するっていうんで楽しみに試写を観に行ったのだけど、原作の簡潔な線と余白が損なわれていて、登場する動物たちがそのまんまボンっと立体化されていて、やたらと効果音が入っていたりして、がっかりしてしまった。
あの侘び寂びが良いのに…

でもこれから絵本が電子書籍化していくと、こんな作品がたくさん生まれるのかもしれないな(これは映画ですが)。
表現は常に新しくなるものだけど、必ずしも刺激ばかりが強いものが子どもの感性をはぐくむわけではない…そのことを、大人は、作り手は、忘れちゃいけないんじゃないか。

てなわけでこの作品は取り上げないことにして、急遽このアルバムを紹介しました。
8月に出たブライアン・ウイルソンの新作!


Brian Wilson reimagines George Gershwin[import,From US]
Brian WilsonWalt Disney Records

いやー、これめちゃくちゃいいアルバムです。
ガーシュインの曲をカバーしているのだけど、どの曲もしっかりブライアンの曲になっている。
未完成曲の「The Like in I Love You」「Nothing But Love」素晴らしい。
スワンダフルは6拍子で、 ボサノバっぽいけどボサノバのリズムではないアレンジ。
インスト曲の「I Got Plenty o’Nuttin’」も、ペットサウンズ・スマイル的なブライアンな世界。
ロックンロール仕立ての「I Got Rhythm」もいい。
てか、全曲いい。
アメリカの良質なポップスが天才から天才へと受け継がれていく…これは感動的です。

そしてジャケットもいい。
なのにディズニーレコードより、日本での発売が未定なので画像の掲載は不可とのことで、今回のコラムで載せられなかったのだ。
悔しいのでここで載せました。素敵でしょ。

で、問題は12月号のネタであります。
ううーむ。

| 仕事 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE