文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 9月21日(火)一人称について | main | 10月2日(土)金木犀日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
9月23日(木)ベーゼンドルファーのミニコンサート

大雨のなか、自由学園明日館に、ベーゼンドルファーというピアノを聴きに行ってきました。
猛暑、酷暑、灼熱の今夏がようやく終わり、今日から一気に寒くなった。
 
明日館にはもともとヤマハのグランドピアノがあって、
8月に新しくベーゼンドルファーが入ってきたとのこと。
 
わたしはピアノの種類に詳しくないけれど、オーストリアのピアノだそうです。
パリ左岸のピアノ工房』という素敵な本に、
スタインウェイ、プレイエルなどたくさんのピアノとともに登場していたことで知りました。
 
だからもちろん音色を聴くのは初めて。
クライスラーの「愛の悲しみ」「愛の喜び」などをバイオリンとのデュオで、
シューベルトの「セレナーデ」をテノールの方の歌とのデュオで…といった演目でした。
 
ピアノを聴きに行ったのにバイオリンの感想からとはいかに…ですが、
いや〜、バイオリンが大変美しい音色でした。
歌うような高らかな響き渡る高い音、重厚で力強い低い音、
あえてビブラートをかけない小さな小さな音…
バイオリンはなんて表現力豊かな楽器なんだとあらためて思ったことでした。
もちろんヤンプステヨフスキーさんというバイオリニストさんの腕が素晴らしいからですが。
ほんとに素晴らしいバイオリンだった。
 
シューベルトの「セレナーデ」は大大大好きな、思い出の曲。
恋人の窓の下で歌う恋の歌です。
高校の音楽の授業で、歌の課題曲として歌いました。伴奏のピアノも好きで、
家ではピアノ弾きながら歌っていた。
 
ピアノのソロは、
モーツァルトの「“ああ、お母さんにいいましょう”による変奏曲」(←こんなタイトルだったの?
わたしが持っている譜面には「きらきら星変奏曲」って書いてありますが!)だけだったし、
肝心のベーゼンドルファーの音色は、正直やや明るい響きかな、
というくらいしかよくわからなかったのだけど、
コンサート自体の雰囲気がとてもあたたかくて、
建物自体前にも書いたようにあたたかい雰囲気なので、
とても満ち足りた気持ちになりました。







これぞベーゼンの音、とわかればもっとよかったのだけど。
それはまたの機会に期待するとしよう。
                



    


| 音楽 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE