文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 9月20日(月)ドガ展 | main | 9月23日(木)ベーゼンドルファーのミニコンサート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
9月21日(火)一人称について
自分を言い表す言葉は、英語では男も女も、「I」ひとつ。

でも、日本語にはたくさんある。

女の人だと、わたし、あたし、わたくし…くらいだけど、

男の人は、ぼく、オレ、わたし、わたくし、自分…など女性よりたくさんありますね。

 

最初出会ったときは「自分」とか「わたし」とか「ぼく」なのに、親しくなってくると「オレ」と言い始める…

そんなとき、素顔を垣間見たようで、その人との距離が少し縮まったように感じます。

 

最近ちと考えているのが、書き言葉における一人称の問題。

「わたし」か「私」か。

わたしが「わたし」という表記を用いていることは、このブログやソイポケを読んでくださってる方はお気づきでしょうが、これは5、6年くらい前からかな…

尊敬するエッセイストの方が「わたし」とお書きになっていて。

そっか、「私」と書くと「わたくし」とも読めるし硬い印象があるし、
もともとひらがな好きだし(丸くてかわいい)、

「わたし」って書くの、いい! わたしもこれからは「わたし」でいこうっと! と思って使い始めたのでした。

 

しかし最近「わたし」はちょっと主張が強いんじゃないかと感じ始めていて。

「わたし」は「私」の3倍の文字数だしね(笑)

何か非常に「わたし」「わたし」と主張しているような、そんな気が…「私」のほうが1文字ですっきりして、おとなしくてよいんじゃないかと。

 

気になり始めると気になるもので、

最近、使用頻度を減らすよう、気をつけているのです。

 

日本語はもともと主語を省く文化ですし(古典でお勉強しましたねー。敬語で主語を類推するっていう、あれです)、極力「わたし」と書かないようにしたり、「自分」と書いてみたり。

 

そういえば、会話において逆にあまり一人称を使わない友人がいて、

「え?だれが!?」

ってよく聞き返してたことがある。

そこでようやく「オレが」と返ってくるのだけど、主語がないと何やら絶対的な意見のように聞こえることがあって、ちゃんと「オレは」と言ったほうがいいんじゃないかとほのめかしたことがあったっけ。

 

けど、あれは日本的な奥ゆかしさだったのだな!?

 

そんなこともあって、むしろ絶対的な意見にならないよう気をつけるという意味で、

「(みんなはどう感じるかわかんないけど)『わたし』はこう感じた」

としっかり言ったほうがいいと思っていたのだけど、

先に書いたように、書き言葉にすると(しかも「私」→「わたし」にすると)、逆に主張が強すぎるように読まれていたかもしれない…

それはまずい。

 …というようなことを考えている今日このごろです。

 

でもやっぱり「わたし」は使おうかな。使用頻度を少し控えめにして…

やっぱりこの丸い感じが好き!

あー欧米圏の方々には絶対わからないであろうこの繊細な悩み…

あの方々は、何か言うときは必ず「I」から始めるんだものね。

I love hiragana which has round shape! So,I use the word of Watashi

(わたし).

(大体合ってるかなぁ…英語、勉強しなくちゃなぁ…)

| 思ったり考えたり | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE