文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 8月22日(土)花火 | main | 9月3日(木)「人」を大事にしよう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
8月25日(火)最後の出社日

ずっと無視し続けていた奥さんが、朝、「社長に言われたから、引継ぎの話を聞こうか」と、
辞意を伝えてから初めて、しぶしぶ…といった様子で話しかけてきた。

直属の上司が、編集責任者が……。
あり得ません。

で、終始ふてくされたような感じ悪い態度。
最後、冷たく、いつもの気取った感じで、
「急に決めたの?」
と聞いてきた。

心がヒヤッとする。

「最初に教えるべきことは教えてもらえないと、あとから大変なことになる。今回の事件が起きたように。聞かなければ答えないというスタイルでは困りますよ」

ほかに言いたいことは山のようにあったけど、とっさに言うと、

「でも本になったじゃない」
何だその言い方は!
「本にした」んじゃないか、わたしが!

「綱渡りですよ! 運が良かったのとがんばったのとで期日にも間に合ったけど、事故が起こってとんでもないことになった可能性はすごく高かったですよ!」

と言うと、もう聞きたくないという様子で、
「はいはい」
だって。
頭に血がのぼりました。

人が心底苦しみ、涙を流し、このせいで辞めるとまで言っているのに。
これまでずっと黙って耐えてきて、やっと最後に言っているのに、
「はいはい」と流してシャットアウトするとは!

しかも、最後に、
「必要なことを聞くというのも能力の一つだからね」
と言い放った。

ムッカー!!
冷静に考えれば自分は悪くないということを主張するための「売り言葉に買い言葉」みたいなものなのだろうだけど、相当カチンときました。

聞いたよ!
聞くと嫌そうだから、すごく遠慮したり気を遣ったりしながら、でも何とか効率的に進めるべく、果敢に質問したよ!

だけど細かい表記の統一や色々な決定事項、二人だけで決めて伝えなければ、
わかるわけないでしょう!

参考にすべき資料だって、聞いたよ?
でも、教えてもらった資料以外に、じつはたくさん参考になるものが棚にあったじゃない。
意地悪なのか何なのか、わたしには教えず、自分たちはそれを使っていたじゃない。
そういう資料をわたしがどれだけ求めていたか。どんなに役に立ったか。
校了数日前に教えられたって、遅いんですよ!

とっさのことに、うまく言い返せなくて、
「何もわからない状態では、何を聞けばいいかもわからないですよ」とだけ言ったら、

「はいはい」
って、シャットアウトして、なんともう席を立っている!

そのあとは、自分の席に戻って、お得意の、無視。

腸が煮えくり返り、涙が出そうでした。

自分は悪くない、相手が悪いというこの徹底ぶりはどうでしょうか。
そのためには論理さえ捻じ曲げる、という。

ほんとに、最後の日にこんなにも嫌な気分でさよならするなんて、あり得ないことでした。
結局わたしは何一つ評価されなかったばかりか、労をねぎらう言葉すらかけてもらえなかった。

最後だからと思ってお菓子を買っていったのだけど、顔色一つ変えず、冷ややかに「ありがと」だけ。
「ありがとう」に聞こえません。「そんなもん」と発したのと同じです。
発せられた言葉って、気持ちがこもっていないと言葉の意味通り受け取れないものなんだね。
初めて知った。

これまで3人辞めていく人を見てきたけど、社交辞令で、
「また遊びに来なさいよ!」
と言っていたと思う。わたしには、それもなかった。

本当に辛い仕打ち、辛い経験でした。

何も悪いことをしていないのに、こんなふうにお別れしなくちゃいけなかったことは、
わたしには、とてもとても悲しかったです。

| 仕事 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE