文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 8月20日(木)「金春」にて | main | 8月25日(火)最後の出社日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
8月22日(土)花火

銀座で友だちとランチ(ビストロヌガ)の後、川崎市制記念多摩川花火大会へ。
待ち合わせの二子新地駅は、初めて降りる駅でした。
とにかくすごい人でびっくり。

多摩川の河川敷で、持ち寄ったおつまみとビールで歓談するうち、ドーン!
始まった!!
近い! 大きい!
臨場感ありまくり。口をあんぐり開けて眺めてしまった。






花火の写真って、撮るの難しい…。
これじゃどれだけ大きくて素晴らしかったか全然伝えられないけど、
都内でこんなに大きな花火が見られる場所って、なかなかないんじゃないかな。

子どものころ見た三重・鈴鹿の花火を思い出すなぁ。このくらい大きかったような記憶が。
感動して、帰ってきてすぐに絵に描いたんだった。

少し離れた世田谷側でも同時に上がっていて、こちらをチェックするのも大変で、後ろを向いたり前を向いたり、忙しかった。
わたしたちは川崎側の花火が大きく見える場所にいたから、基本的に川崎側に集中して見たけどね。だって、やっぱり大きくて臨場感が全然違ったもの。

最後のほうは灰や紙が降ってきて、灰かぶりになってしまった。
近いがゆえの難点。
ま、この感動が得られるなら灰くらいどうってことないけど!

今年は夏らしいこと何もしていなくて、もう無理かなあと思っていたから、素晴らしい花火が見られて本当にうれしい。

花火って、仲間・友人・家族と楽しめて、春のお花見みたいだね。
日本には、季節ごとに楽しめるイベントがたくさんあるね。

| 日記 | 23:33 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | -
コメント
どうも、おひさしぶりです。

花火を「春のお花見みたい」とは、うまい言い回しですね。
ボクはお花見とか花火とか人の多いところを極力避けて行動するので
まったくもって縁がないんですけど、
大阪の淀川花火大会だけはいつもチェックしています。
見るためではなくて、会社の駐車場がそのすぐ近くにあって車をしまえなくなるので(交通規制がなされます)、その日を休みにするべく(笑)。

なんだかんだとしているあいだに、もう夏も終わりですねぇ。。
| 野良恵一 | 2009/08/24 10:23 PM |
>野良さん
おひさしぶりです。お元気でしたか?
花火って、学校や職場の仲間等々、誘い合って、おつまみ持ち寄って楽しむ、
ってところがお花見とまったく同じだなぁと思って。
それぞれがそれぞれの友だちやパートナーを連れていくから、
そこで初めて出会う人もいたりして。社交の場、みたいな面も。

淀川花火大会はどんな花火!? と思って読んでいったら、
花火はご覧になっていないのですね…!

>もう夏も終わりですねぇ。。
ああこのフレーズ、さみしいです。
子どもみたいなこと言っていますが……やっぱり、さみしいな。
| ゆき | 2009/08/25 4:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE