文月遊亀 memo*

日々のこと、音楽や本のこと、心の赴くままに書いています。
簡単な自己紹介はプロフィールにて。

コメント大歓迎です。ピンとくる記事がありましたら気軽に書き込んでいただけるとうれしいです。
<< 1月2日(金)今年は箸袋 | main | 1月6日(火)先生ありがとう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
1月4日(日)「ピカソとクレーの生きた時代」展
趣味と実益を兼ねた仕事でBunkamura「ピカソとクレーの生きた時代」展へ。
渋谷は久しぶりだなあ。

タイトルから、ピカソとクレーがたんまり観られるのかと勘違いしそうだけど、デュッセルドルフにある「ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館」が改修工事により休館するので、日本にそのコレクションの一部がやってきたということらしいよ。
つまり「ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館」展ということ。日本人にとってはマイナーな美術館だしこれではあまり面白みがないなので、「ピカソとクレーの生きた時代」展としたのだろうね。
同館の誇る、ピカソ、クレー、ミロ、シャガール、マグリット、エルンストなど20世紀美術コレクションがずらり、でした。

一つひとつの絵に解説がしっかりついていて、見応え十分。一応仕事でもあるのでメモしたりしながらじっくり観て(どんどん後から来た人たちに抜かされながら)、大満足でした。
本物ってやっぱりすごいね。印刷物とは違うね。当たり前だけど。

ああ、これが一枚でも部屋にあったらなあ……。
それがダメなら、すぐ近くにあって、いつでも会いにいけるんだったらなあ……などと考えてしまいました。

やっぱり何度も観ないとその良さは本当にはわからないように思うんだよね。
最近、本は2、3度読まないと自分のものにならないんじゃないかと思い始めていて、絵もそうだなあと思ったのです。

一番気に入ったのは、クレーの「黒い領主」という作品です。
谷川俊太郎さんが詩をつけている『クレーの絵本』という本の中では「黒い王様」となっている作品ですが、この黒の魅力を印刷技術でもって伝えるのは至難の業なのだろうなと思いました。
つまり、本物と印刷は全然違っていたのです。
この漆黒の魅力! これだけでも一見の価値ありだと思います!

ちなみに、こんな絵です。でも本物と全然違います。違いすぎる!!

ノルトライン=ヴェスファーレン州立美術館を全然知らないのでどんなラインナップなのかなと思っていたけど、シャガールの「鏡の前の女」とか大作もあって、意外と、なんて言ったら失礼だけど、貴重な展覧会だなと思いました。


パウル・クレーの絵は、もう、大好きです。
嫌いという人に会ったことがないけど。

スイスの音楽家の家に生まれたヴァイオリン奏者でもあったのですよね。
それは知っていたのだけど、ドイツの造形美術学校、バウハウスで教鞭をとっていたこともあること、ナチスによる前衛芸術弾圧にあって故郷スイス・ベルンに亡命したこと、晩年は皮膚硬化症という原因不明の難病を患ったこと……は、知りませんでした。
1914年のチュニジア旅行を契機として色彩に目覚めたということも。

ナチスも難病も、クレーの素晴らしい世界を損なわせることはできなかった。
その絵は、可愛らしく、美しく、やわらかく、楽しい。そして、そうであればあるほど、何ものにも屈しない、クレーの人間としての強さを感じさせるのでした。

おまけ
NYのMoMAで観た「猫と鳥」です。→
本物。

ポスターを買ったんだけど、しまいこんだままでした。
思い出して壁に貼ってみた。部屋に入るとにゃんこが迎えてくれます。
 
| 仕事 | 23:15 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | -
コメント
クレーの「黒い領主」面白いさ作品でしたね。日本にあまり着ていない作品が多くドイツにいたこがありますが、未訪問の美術館で良い展示でした。
| 星の王子様 | 2009/01/10 5:22 PM |
>星の王子様さま

コメント&トラックバックありがとうございます!
そうですね、日本初公開の作品が多かったようですね。
面白い作品ばかりで飽きないですよね!
| ゆき | 2009/01/12 9:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihitohira.jugem.jp/trackback/574
トラックバック
ピカソとクレーの生きた時代@BUNKAMURA
20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代@BUNKAMURAに行ってきました。ドイツのノルトライン=ウエストファーレン州立美術館が改修工事をするため、同館が数多く所有するピカソとクレーの作品中心に世界にさきがけ日本で所蔵品が展示公開されるもので、小生も
| Star Prince JUGEM | 2009/01/10 5:21 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Maukie
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE